広島映画情報

広島県で公開している映画の感想ほか、管理人がスカパーで観た映画の感想。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX
スター・ウォーズ トリロジー DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

いよいよ公開が迫っています。要チェック。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
親切なクムジャさん
http://kumuja-san.jp/

親切なクムジャさん SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE
4043572123大石 圭 角川書店 2005-10-25売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools
死人を恋う 「別冊Korea Movie 1」別冊コリア・ムービー Vol.1 特集「宮廷女官チャングムの誓い」とイ・ヨンエの世界 誰にでも秘密がある 初恋 Vol.3

ある日、晴れて刑務所から出所したクムジャは、歓迎に来た人々を押しのけ、かねてからの計画を実行に移す。それは13年もの間、無実にもかかわらず自分を牢に入れていた男への復讐!! その計画のため彼女は刑務所でも笑顔を絶やさず、「親切なクムジャさん」と呼ばれ、自分より早く出所する者たちに密かに借りを作らせていた。そして協力者たちそれぞれの利点を駆使し、ついに誰もが想像を絶する、彼女の壮大な復讐劇がいま始まる!!

事件・逮捕から物語が始まるのではなく、冒頭はクムジャさんが出所する日から始まります。
冬なのに一人だけ13年前の事件当日着ていたワンピース姿で出所するクムジャさん。
彼女の顔は牢獄内で見せていた「親切なクムジャ」さんの顔とは全く違っていて、13年間暖めていた復讐劇を始める顔へと変貌しているのですよね。
でも刑務所でも「天使」の顔でありながらやっている事はかなり怖いのですが・・・・。
何せ笑顔で毒を食事に入れて食べさせるクムジャさんですから。

場面が過去と現在とを行き来するので途中まで彼女が刑務所内でどんな復讐を計画していたのか、また犯人が実際には何をしていたのかは分かりませんでした。

ネタバレになりますが、私が怖いと思ったのは実際に犯人に手を出す場面ではなく、精神面から徹底的に痛めつけるため、犯人に恨みのある被害者の家族を集めて犯人をどう処理するか決める会話を聞かせているところですね。
殺すか生かすか、どんな方法にするのか、それを聞かせているクムジャさんの無表情の顔が怖すぎです。
天使のような顔と悪魔のような顔、この二つを見事に魅せているのでこれを観るだけでも価値のある映画かなと思いました。

小説は未読ですが映画はオススメ。
ヒトラー 最期の12日間
B000AC2V5Kヒトラー ~最期の12日間~


売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る


悲惨なユダヤ人迫害を行い、ドイツ帝国を夢見た男、アドルフ・ヒトラー。栄光の日々から一転、戦線は敗北を重ねて、敗戦が間近に迫った男たちの最期はどうなったのか?
その男たちと共にその時を過ごした美人秘書は何を見たのか?
あの敗戦から60年、それまでどの映画も描かなかった真実をいま、初めて描く。

※感想※

この映画は映画だとは思えないくらい生々しい人間模様と戦後語られることのなかったヒトラーの最期を描いている作品でした。
独裁者と狂信的にアドルフ・ヒトラーについていく者達、集団心理、これこそ戦争がもたらす愚かさであり悲劇なのだろうと感じずにはいられないのと、その当時のことを最後に語るヒトラーの秘書・ユンゲの言葉が全てを表しているのだと思いました。
この映画を観ていると日本とドイツの酷似している部分を感じずにはいられませんでした。
広島に生まれ広島で育った私は平和教育は小学生の頃からずっとありました、戦争の怖さから平和学習というものを習ったような気がします。それはある意味戦争というものを一方から見ていない事なのですよね。
日本は戦争の被害者であるし加害者でもある。その加害者の部分を習った記憶は殆どない。
逆にアドルフ・ヒトラーに関しては今回初めて彼の側から見た戦争を見せられて、改めて両者から見た歴史を学ぶ必要性を感じました。

確かに問題作であり傑作でもある本作品。ミニシアターなどでなくもっと大きな映画館で多くの人に観て欲しいと思いました。

4000019341ヒトラー 最期の12日間
ヨアヒム・フェスト 鈴木 直

岩波書店 2005-06-21
売り上げランキング : 5,920

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


4794212763私はヒトラーの秘書だった
トラウデル・ユンゲ 足立 ラーべ 加代 高島 市子

草思社 2004-01-25
売り上げランキング : 5,607

Amazonで詳しく見る


bk1で詳しく見る 


ヒトラーの魅力に屈することがどんなにたやすいことか、大量殺人者に仕えていたという自覚を持って生きてゆくことがどんなに苦しいことか-。ヒトラーの秘書による、その意外な素顔と交流を収めた戦後まもない手記を公開。


大統領の理髪師
大統領の理髪師

B0009V1D60大統領の理髪師
ソン・ガンホ

ビデオメーカー 2005-08-05
売り上げランキング : 1,130

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



韓国で大ヒット! 涙と笑いの感動物語
ソン・ハンモは大統領府のお膝元、孝子洞で店を営む理髪師。無学な小心者だが、まじめな仕事ぶりで商売はそこそこ順調、妻と息子とささやかながらも幸せに暮らしていた。しかし、ひょんなことから大統領の専属理髪師に指名される。ハンモはおごりたかぶることなく淡々と大統領の散髪をしつづけるが、政治の世界の汚い面を知り、いつしかそれに巻き込まれ、ついには一粒種のナガンをみずから拷問の苦に陥れることに。愛する家族を守るため、ハンモが思い切った行動に出ると……。
韓国激動の時代を、涙と笑いで生き抜いたひとりの庶民の生きざまを描く、感動の物語。
第17回東京国際映画祭最優秀監督賞&観客賞W受賞!

【感想】

東京では既に春頃公開されていて評判が良かったので観たいと思っていた作品です。サロンシネマは遠いのですが外せない映画ですから頑張って観に行きました。

さて韓国の現代史に疎い私ですが(歴史そのものについてもかなり無知ですけど)この映画は韓国の1960〜1970年代に起きた事件を取り入れ、生活も苦しく過酷な時代のものにも関わらず何ともユーモラスに笑いあり少し涙ありと大変楽しめた作品でした。
映画として作られたものなのにまるで本当にその時代の映像を見せられているかのように生き生きとした人達の生活がスクリーンに映し出されているのです。
そして何より父親役のソン・ガンホがすばらしい。
コミカルでとぼけた役で観客の全ての人を魅了するあの演技力はどこからくるのでしょう?こんなに凄い役者さんがいたとは今まで知りませんでした。彼の演技を見るだけでもこの映画は観る価値があるかもしれません。それくらいオススメ。
韓流ブームですからこの映画ももっと話題になればいいのに・・・。

自信を持って人に薦めれる映画ですので見逃した方は八月にはDVD化されますので是非一度ご覧あれ。かなりオススメ。


公式サイト

4789724867大統領の理髪師
中村 祐介

ソニー・マガジンズ 2005-02
売り上げランキング : 100,929

Amazonで詳しく見る

bk1で詳しく見る 

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.